新緑と清流と愛農かまど。

b0226089_2294635.jpg
いきなり、お尻を向けた画像でスミマセン…笑 昨日、かみさんと一緒に散策の下見に行ってきました。そうです!次回、5月18日(土)に開催する田舎塾で、「もりんちゅ」から歩いて久多集落の最南端、川合町もしくは時間が許すならば、もう少し足を延ばして針畑集落(滋賀県側)までの散策を予定しているからです。今回は、あまり寄り道やデジカメショットに時間を割かず、軽快なあしどりで歩いたので、川合町集落に辿り着くのに、徒歩で約1時間10分ほどでした。
b0226089_22163738.jpg
今回は、少し足を延ばして滋賀県側の針畑集落へー、川合町の河川敷に比べるとやや幅狭くなっていますが、その分プライベート空間が満喫できそうですね。僕のイメージ通りの”ステキな場所”を見つけたので、そこでお昼ご飯のおにぎりを食べる事に…。横殴りの風が強くて火を起すのに苦労しましたが、河原の石を五徳に見立て、現地調達した杉葉と枯れ枝で湯を沸かし(勿論、当日を想定して鉄瓶持参!)二人だけの「野点のお茶会」を楽しみました。
↓↓↓ここまで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。

b0226089_2224256.jpg
その日の夕食は、久しぶりに愛農かまどを使って”筍ご飯”をこしらえました。お隣のみっちゃん(道子さん)から頂いた朝掘りタケノコを米ぬかと鷹の爪で灰汁をとり、その後冷たい沢水に一昼夜。久多のお米に黄金スープで調味して、”始めチョロチョロ中パッパ”のセオリーを忠実に…普段のガス火&土鍋で炊く時よりもワンカップ多い目のだし汁が必要になります。それだけ薪の火力が強いから、水分がお米の芯の芯まで浸み込む事で、米本来の旨味が引き出されるんだと思うんですよね~。
愛農かまど…優れものですよ!本当に…。来週の月曜日、三重県から愛農会の方が「もりんちゅ」に来て下さいます。聞けばー、全国に散らばる愛農かまどが、どの様に愛されているか(使われているか)を取材されているのだとー、薪のある暮らし…それは、大量消費、大量生産、大量廃棄とは真逆の世界。この素晴らしさを知れば、もう”便利な暮らし”には後戻りできません。
b0226089_2242920.jpg


田舎塾通信♪
      ー次回、5月18日(土)の予定ー
b0226089_19232587.jpg


主な活動内容は、「新緑の里山を歩こう♪」です。
見上げれば新緑の山々、足元に目を向ければ珍しい山野草の
数々…ゆっくりとしたペースで歩きますから初心者の方でも安心です!
針畑小川(はりはたこがわ)地区に入ったら、どこか見晴らしの良い所でお弁当を食べましょう。
食後は、塾長が”野点のお茶”を振舞います♪

 A,M 10:00 「もりんちゅ」集合後、お弁当(おむすび)を作ります。

 A,M 11:00 「もりんちゅ」を出発

 
 P,M 12:00  針畑小川集落到着後、昼食、野点のお茶を振舞います。

 
 P,M 2:00   針畑小川を出発
 
 
 P,M 4:00   「 もりんちゅ」到着

 P,M 4:30   解散

★参加費用    大人お一人様¥3,000円(税込み)【昼食代、体験料含む】

★持ち物      軍手、帽子、タオル、着替え、長靴(なければ、汚れても良い靴)

★お一人の参加歓迎!! 乗り合い送迎可能!!

★お問い合わせ  090-8758-4117
         sobauchi-okude@hotmail.co.jp
[PR]
by kutaokude | 2013-05-08 22:43

私が紹介する久多の暮らしを通して、一人でも多くの方が自然に寄り添った丁寧な暮らしぶりの素晴らしさに気付いて頂けます様に・・・。


by もりんちゅ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30