一人の若者の門出に、なごり雪。

b0226089_20255379.jpg
あれは確か2年前の春ー、
彼から「チョッと話を聞いてもらえませんか?」と連絡がありました。その電話がある2か月ほど前に「左京朝カフェ」と云うワークショップでたまたま居合わせただけなのに・・・何かのご縁だったんでしょうね。数日後、単車にまたがって颯爽と現れた彼と2~3時間ほど縁側で話し込んだと思います。それからと云うもの、薪割や雪かきなど我が家のお手伝いに留まらず、松上げ(地域の伝統行事)や栃の実拾い、稲刈り、カヤ刈りにも進んで参加してくれて、人懐っこい性格も手伝っていつの間にか久多の住民からも愛される存在となってゆきました。
久多と約2年間関わった中で彼なりに感じ、気づき、学んだ事柄を、先日行われた今年初めての「久多の会!」では、”修士論文の発表会”と云う形で披露してくれました。この春からは、180度真逆の大都会東京で新しい生活をスタートさせるのですが、感受性豊かな年頃に里山で体験出来たことは、これからの人生において大きな礎となるでしょう!10年20年経って、ひとつの組織でそこそこのポジションに就いた彼と、どんな話ができるだろうう?・・・と。
”久多で見る雪はこれが最後ねと、さみしそうに森はつぶやく~~♪”笑!!

b0226089_20551839.jpg

b0226089_20553856.jpg
b0226089_2056165.jpg


ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
                
[PR]
by kutaokude | 2015-03-25 20:59

私が紹介する久多の暮らしを通して、一人でも多くの方が自然に寄り添った丁寧な暮らしぶりの素晴らしさに気付いて頂けます様に・・・。


by もりんちゅ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30