春を告げる「キブシ」の花。

b0226089_2159991.jpg
春の訪れを告げる花の代表格はサクラですが、京都の雪国久多の里では例年4月の終わりから5月の初めにかけて・・・いわゆるゴールデンウィーク辺りに開花するんです。サクラ前線の進み具合で言ってもー、東北や北陸のそれと同じですよね。笑
なので、僕にとって春を連想させてくれるのは、コレ↑↑↑ 「キブシ」です。おもしろい形をしてるでしょう?!
b0226089_22131689.jpg
新しいカメラのアートフィルターを使って新芽が芽吹こうとしている木々を写してみました。画面奥の鮮やかンエメラルドグリーンは渓流です。伏流水による増水も一段落して、針畑川もいつもの穏やかさを取り戻しています。
b0226089_22174770.jpg
本来なら、今日も引越し作業の大詰めで軽トラに家財道具を積み込み1~2往復したかったんですが・・・あいにくの雨。明日明後日の2日間しかないと思うと落ち着きませんね~。引越しを無事終えたとしても家具の配置や荷物の整理など、暫くはドタバタしそうです。
ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
                
[PR]
by kutaokude | 2015-03-29 22:27
<< 雨上がりの朝は、マクロレンズを... 一人の若者の門出に、なごり雪。 >>