<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今夜は山を下りて長男に会いに行きます♪

b0226089_1534257.jpg
梅雨があけてからも適当に夕立が降り、畑や花壇の水やりが非常に楽チンな今年の夏ー、おまけに今日は朝から雨模様♪ 雑草も同様に伸びるのが早く草刈りに追われる毎日ですが、もりんちゅ農園の夏野菜は順調に生育しています。都会暮らしの皆さんには信じがたい光景だと思いますが、今日の様に午前中に雨が降りその後晴れ間が顔を出すような時には、部屋の湿度が80%近くなり、その湿気を飛ばすために薪ストーブを焚くのです。真冬並みにドンドン薪をくべる事はしませんが、ジワジワと熾火を絶やさずに…小一時間もすれば10%くらいは回復しますよ。
b0226089_15444877.jpg
今現在の温度が26℃。真夏に薪ストーブを焚いて丁度良いくらいなんて…ね!信じられないでしょ??(笑) 日中の寒暖の差、厳しい冬、湿度の高さ…どれをとっても過酷な自然環境。だからこの辺りの材木(主に、杉やヒノキ)は、年輪の間隔が密で希少価値が高く珍重されていたんですね。

ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。

b0226089_15585267.jpg雨を知らせる使者と云えばー、アマガエルとこの沢蟹。何処からともなく入って来るんですよ、お風呂場や調理場に…。お昼過ぎに次男坊からメールがあり「今日は、練習が早く終わったからもう堅田の家に帰って来た」と…すぐさま、いきいきセンターに居るカミさんと連絡を取り合い、またとない機会だから宇治の伊勢田町で独りで暮らす長男に会いに行く事になりました。前回顔を見たのが”父の日のプレゼント”を届けに来てくれた時だから…今夜は、久しぶりに家族4人が揃います♪
→これは、田んぼに張られた鹿除けネットに巻き付いている「山芋のツル」です。花が終わると”ムカゴ”ができます。
[PR]
by kutaokude | 2013-07-24 16:08

いつかは、息子達と言葉のキャッチボールを…

b0226089_2012029.jpg
今は、全体の1割程度しか咲いていませんが、ひと月後には色鮮やかな紫色の「北山友禅菊」が咲き誇ります♪ なぜこの様な殺風景な写真を撮ったかと云うと、実は主題は花では無く、青色のつなぎ服を着て花の摘み取りをしている青年にスポットを当てたかったからなんです。僕の記憶が正しければー、彼はうちの長男より5歳年上だから24~25歳くらい??この村で育ち高校進学と同時に村を離れました。暫く見ないうちに随分とたくましい青年なっていて、聞けば今はご両親と一緒に又久多で暮らし始めたのだと…。過疎化に歯止めが掛からない限界集落(65歳以上の高齢者が人口の半数を超える)にとっては、かけがいのない”希望”です。我々家族が10年前に移り住んで以来、後に続く者もおらず人口は減る一方…。奥出家もこの春長男が社会人となり一人暮らしを始め、今年高校に入学した次男坊と云えども、2年後には卒業して親元を離れるのは目に見えています。b0226089_20281685.jpg子供達二人が未だ小さかった頃、毎日々母屋の前で野球をして遊びました。運動神経の良い長男に僕の知識を伝えたくて…しかしながら、彼は中学も高校もバドミントン。代わりにやんちゃで落ち着きの無い次男坊が高校野球児に…。親の期待通りに子供は育ってくれませんよね!大体、僕自身が親の期待を裏切ってばかりなんだから、偉そうには言えません(笑)。
ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。

二人の息子達が巣立ってカミさんと二人きりの生活を想像すると辛くなる。寂しい気持ちになります。誤解しないで下さいよ!カミさんと二人きりになるのが嫌だって言ってる訳ではありませんから…(笑)。最近よく考えるんです。この10年間、がむしゃらに頑張って来れたのは二人の息子が居てくれたから…そう!不便な暮らしを楽しんでる父親の背中を見て欲しかったから…ただそれだけ。お金が無くても、モノが無くても自分の力で生き抜く術を身に付けて欲しいと思って、このド田舎に連れて来たんです。本人たちにとってみれば、「えらい迷惑やっ!!」と怒り心頭なのかもしれませんが、いつかきっと理解してくれる日がくると信じています。
b0226089_2048274.jpg←ツユクサ(露草)
朝露を帯びて咲いている姿が名の由来。
花は昼ごろまでにしぼむ半日草。 古くは着草と呼んで、花びらを衣にすりつけて布を染めた。


だからー、先日宮の町の(T)さん家の北山友禅菊畑で(T)君がお母さんと一緒に畑の手入れをしている姿を見て、とても微笑ましく又羨ましく思えたんです。うちの息子達は、将来久多へ戻って来るんでしょうか?と云うより、「オヤジの後を継ぎたい!!」と言ってもらえるような自分でありたいし、そうなる為にはもっと頑張って成功しないとね!その頃には、僕も歳をとってしまってもう野球は出来ないでしょうけれど、酒を酌み交わしながら息子達と言葉のキャッチボールが出来る様になればと…。
[PR]
by kutaokude | 2013-07-21 21:00

梅雨の花と夏の花…百花蜜が待ち遠しい♪

b0226089_21314161.jpg
もりんちゅの庭には、四季の移ろいと共に絶え間なく色んな種類の花が咲いてゆきます。久多の代名詞でもあるこの北山友禅菊(本名チョウセンヨメナ)もその内の一つ。今は未だ全体の2割程度ですが、これから約一月間次から次へと咲き始めますから、丁度サマーフェスタを開催する頃が見頃になるでしょうね。b0226089_2263841.jpg今朝、母屋の前の大きなムクゲの木に5つほど花が咲き、その傍のサルスベリも3つ4つ…下界では考えられないでしょうけれど、まだまだアジサイも元気です♪ 玄関先のガクアジサイも見頃を迎え随分賑やかになってきましたよ。それからもう一つ…鮮やかなオレンジ色のカンゾウの花も咲き始めました。昔は、至る所で見かけたんですが、鹿の食害に遭い河原の土手の様な鹿にとって足場の悪い所にチラホラ。これは、久多の駐在所近辺の土手に咲いていたモノです。もりんちゅ農園にも毎年雪解けと同時にカンゾウ(甘草)の新芽が顔を出します。今年は、その殆どが人間の胃袋に収まってしまい(茹でて食べると、読んで字の如く甘くて美味しいので…)、敷地の住の方に刈らずに放っておいたところから、3つほど花が咲いているのを確認しました。うちのミツバチ達も蜜集めの最後の追い込みに…秋の収穫(百花蜜)が楽しみです♪


ここまで読んで頂きありがとうございます。ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
[PR]
by kutaokude | 2013-07-17 22:23

スチールドラム奏者のグレゴリーボイドがやってきた♪



トリニダードトバコ生まれの楽器を操るのは、デンマーク在住のグレゴリーボイド。僕の高校時代の友人であるヒロナリが今回のツアーを企画、グレッグ(グレゴリー)に打診したところツルの一声で来日が決定。互いに十数年ぶりの再会を果たした二人は、ニューオーリンズで暮らしていた頃、グレッグ(グレゴリー)が率いるバンドでヒロナリがギターを演奏していたのだと…。草津~大阪~そして再び東京へ戻るハードスケジュールの合間を縫って、日本人スチールドラム奏者の第一人者である伊澤氏と共に「もりんちゅ」にまで足を運んでくれました。
僕には、音楽の才能が全くないので詳しい事はわかりませんが…グレッグが愛用するスチールドラムは、なんと!1974年製のシロモノ♪ 40年という月日に渡り使い込まれたドラムは、もはや楽器と云うよりは彼の指先の延長でありるかの様。今までの人生の中で耳にした事の無い不思議な和音が、築250年の古民家に響き渡り、そして次第に森の中に吸い込まれて行く様な気がしました。時計の針が既に午後の11時を過ぎていたので、残念ながら2曲しか聞かせてもらえませんでしたが、僕の心ばかりのもてなしに対しての喜びが十二分に伝わるステキなステージでした♪
ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
[PR]
by kutaokude | 2013-07-12 22:10

一日講(ついたちこう)の顔ぶれと村の将来。

b0226089_2092536.jpgもう何度もこの場で「一日講」について紹介させてもらっていますね~。僕は、この”しきたり”を高く評価していますし、出来る限り存続させてゆきたいと考えています。今日の当番は、お隣の小南さん。中ノ町には、現在13軒のお家がありますが、常時住んでるのはその内8軒、街に生活の拠点を置き、時々帰って来られるお家が2軒、そして別荘となってしまったのが3軒と云う具合…。都合の悪い方、体調を崩し入院されている方もあり、本日の参加者は7名でした。ザッと見渡しても僕が最年少で…平均年齢は、70台後半限りなく80に近いですよ(笑)。お神酒、お洗米を頂いた後、自治会費、町内会費、テレビの共同アンテナ維持費、消防団費、農用地利用組合費…etc. 毎月¥1600円の出費です。(安いのか高いのか分かりませんが…)それから、「府民だより」や「いきいきセンターだより」、健康診断の案内…それから猿避けの「ロケット花火」を1軒につき30発。この辺りが、いかにも田舎らしいでしょ(爆笑!!)

ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
b0226089_20374432.jpg
↑↑↑オカトラノオが咲き始めました。
僕が10年前に来た頃は、必ず11軒の方々が集まったいましたが、亡くなられたり高齢を理由にお家を手放し施設に入られた方もおられます。5年後…いや、10年後はどうなってるんやろ??と思うと、寂しい気持ちと「何とかせなアカン!!」と云う妙な使命感みたいなモノが入り混じるんです。畑の野菜、四季折々の草花や愛犬達に囲まれた久多の生活を持続可能にする為には、あの頃の奥出家の様な子育て世代の家族が移り住んでくれる環境を作ってゆかねばなりません。空き家が出たとしても、手放したい方は少しでも高く売却したいが為か、どうしても所得の高い人達の手に渡り易いのが現状。「住まなくとも、夏の避暑にでも…」なんて安易な考えだから、自治会にも入らないし、町内の御講にも顔を出さない、地域の清掃活動や防災訓練なんかも全く興味なし。おまけに、夜遅くにやって来たかと思うと躾の行き届かない犬を鳴かすわ、騒ぐわ、やり合い放題!!(←これは、ほんの一例)
こんな事を放置してたら村の秩序がどんどん崩れて行く…だから、別荘地なんかにしてはダメなんですよ。
b0226089_2113583.jpg
↑↑↑南天の花
それならどうすれば良いの??…その答えを導くために、これからはもっともっと色々な場面で発言していかなくては…波風を立ててしまうかもしれない、今以上に敵が増えるかもしれない…でも、自分の夢を実現するには、避けては通れない壁なのかもしれませんね。


                     田舎塾通信♪
 
b0226089_1858299.jpg
次回、7月13日(土)の田舎塾の主な作業内容は、もりんちゅ農園での畑仕事です。トマト、なすび、万願寺とうがらし等の夏野菜の誘引や脇芽摘み、追肥をします。お昼ご飯は、名物「鮎ごはん」をかまどで炊きましょう!!その他収穫した野菜を使ったお料理もご用意します。

午前10時30分           集合後、畑と調理場に分かれて作業開始
午後12時30分頃          昼食
午後 2時               畑仕事を再開
午後 3時30分           ティータイム
午後 4時頃             解散



★参加費用          大人お一人様 ¥3000円(税込み)
                【昼食代、体験料含む】

★持ち物            軍手、タオル、帽子、長靴、着替え、汚れても良い服装


★送迎サービス有り     JR堅田駅発着で送迎します。
                集合時間(午前9時40分)厳守でお願いします。



お一人様の参加歓迎!!   毎月第2土曜日に開催していますが、
                     毎月参加を義務付けるものではありませんので、
                     お気軽にお問い合わせください。
[PR]
by kutaokude | 2013-07-01 21:10