b0226089_14275360.jpg
僕の記憶が正しければー、確か去年の春先も曇りや雨の日が多く日照時間が乏しかったはずです。今日を除いて昨日も雨、そして明日からの週間予報も傘マークが並んでいますね。今日は、貴重な晴れの日・・・カミさんは、「お日様が出ている間に・・・」と洗濯に励み、僕は「待ってました!」とばかりに”マクロレンズ”を装着して、雨上りの朝にしか撮れない被写体を探しながら庭先をウロウロ。
b0226089_14371343.jpg
ファインダーを覗くと、草花に付着している朝露がキラキラとまるで宝石の様に・・・マクロの世界は、実におもしろい!!これからの季節、草木が芽吹き虫達が冬眠から目を覚まし・・・このレンズの出番が増えてゆくでしょう。
b0226089_14522339.jpg
我が家の庭先では、フキノトウを筆頭に、セリ、三つ葉、沢わさび、浅葱、ノビルの姿を見かけるようになってきました。梅の花がほぼ満開となりましたが、花モモは蕾が膨らんだまま小康状態が続いています。我が家のシンボルツリーである3本の枝垂桜のうち比較的日当たりの良い2本の蕾がようやく膨らみ始め、縁側の前の一番背丈の高いその蕾は萎んだまんま・・・でも、心なしか去年よりかは蕾の数が増えた気がします。
b0226089_15523335.jpg
ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
                
[PR]
# by kutaokude | 2015-04-04 15:55
b0226089_2159991.jpg
春の訪れを告げる花の代表格はサクラですが、京都の雪国久多の里では例年4月の終わりから5月の初めにかけて・・・いわゆるゴールデンウィーク辺りに開花するんです。サクラ前線の進み具合で言ってもー、東北や北陸のそれと同じですよね。笑
なので、僕にとって春を連想させてくれるのは、コレ↑↑↑ 「キブシ」です。おもしろい形をしてるでしょう?!
b0226089_22131689.jpg
新しいカメラのアートフィルターを使って新芽が芽吹こうとしている木々を写してみました。画面奥の鮮やかンエメラルドグリーンは渓流です。伏流水による増水も一段落して、針畑川もいつもの穏やかさを取り戻しています。
b0226089_22174770.jpg
本来なら、今日も引越し作業の大詰めで軽トラに家財道具を積み込み1~2往復したかったんですが・・・あいにくの雨。明日明後日の2日間しかないと思うと落ち着きませんね~。引越しを無事終えたとしても家具の配置や荷物の整理など、暫くはドタバタしそうです。
ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
                
[PR]
# by kutaokude | 2015-03-29 22:27
b0226089_20255379.jpg
あれは確か2年前の春ー、
彼から「チョッと話を聞いてもらえませんか?」と連絡がありました。その電話がある2か月ほど前に「左京朝カフェ」と云うワークショップでたまたま居合わせただけなのに・・・何かのご縁だったんでしょうね。数日後、単車にまたがって颯爽と現れた彼と2~3時間ほど縁側で話し込んだと思います。それからと云うもの、薪割や雪かきなど我が家のお手伝いに留まらず、松上げ(地域の伝統行事)や栃の実拾い、稲刈り、カヤ刈りにも進んで参加してくれて、人懐っこい性格も手伝っていつの間にか久多の住民からも愛される存在となってゆきました。
久多と約2年間関わった中で彼なりに感じ、気づき、学んだ事柄を、先日行われた今年初めての「久多の会!」では、”修士論文の発表会”と云う形で披露してくれました。この春からは、180度真逆の大都会東京で新しい生活をスタートさせるのですが、感受性豊かな年頃に里山で体験出来たことは、これからの人生において大きな礎となるでしょう!10年20年経って、ひとつの組織でそこそこのポジションに就いた彼と、どんな話ができるだろうう?・・・と。
”久多で見る雪はこれが最後ねと、さみしそうに森はつぶやく~~♪”笑!!

b0226089_20551839.jpg

b0226089_20553856.jpg
b0226089_2056165.jpg


ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
                
[PR]
# by kutaokude | 2015-03-25 20:59
b0226089_22375792.jpg

一時期は、1mを軽く越える積雪で覆われていた田畑もご覧の通り・・・春は直ぐそこまでやってきています。さてー、次回4月12日(日)に開催予定の田舎塾では、去年大好評だった赤松 千秋さんによる「古民家でエステ」を実施します♪ 今回は、”ハンドトリートメントでリラクゼーション!!”・・・しっとりつやつや、ハンドパラフィンパック付きでなんと!¥1000円でお試し頂けます。尚、先着順8名様限定となっていますのでお申し込みはお早めにお願いします。
その他は、おくで農園の鹿避け電気柵の補修や畑を耕したり畝立てなど、春野菜の種まきの準備をします。
春の日差しを受けながら心地よい汗をかいた後は、縁側のお座敷でエステは如何ですか・・・♪ 

◎ 費用…大人(中学生以上)お一人様¥3240円(税込)  ※ハンドトリートメントは、別途¥1000円
◎持ち物…汗を拭くタオル、着替え、軍手、帽子、長ぐつ
◎アクセス…京都方面より→国道367号線 大津市葛川梅の木左折
神戸・大阪方面より→京都東インターから西大津バイパス経由、湖西道路真野インターで下車左折。
                国道477号経由、国道367号線 大津市葛川梅の木左折。
※J.R京都駅もしくはJ.R堅田駅発着で乗合送迎も可能ですので、ご希望の方はお早めに申し出てください。
            
◎ご予約、お問い合わせは、
090-8758-4117(おくで) もしくはsobauchi-okude@docomo.ne.jp まで。
b0226089_2333137.jpg

ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
                
[PR]
# by kutaokude | 2015-03-17 23:04
b0226089_2158508.jpg
村・留学を終えて・・・2週間と少し経った今、「あの賑やかだった時間は何処へ??」「みんな今頃どうしてるやろ??」と・・・猟師小屋(ログハウス)でPCを叩いています。これからの日本を背負って立つ無限の可能性を秘めた若者に、出来る限り自分なりに「熱い思い」を伝えたつもりなんですが・・・朝、昼、晩の食事は勿論一緒、納豆作り、味噌作り、狩猟見学に鹿の解体、スノーシューハイク、そば打ち体験、栃餅作りなどの活動、それに夜のミーティングと正に”寝食を共に”まるで家族の様に過ごした9日間。あまりに充実しすぎて、あまりに楽し過ぎたから・・・今、とても寂しい気持ちで一杯です。
b0226089_22172662.jpgb0226089_22165533.jpg去年の夏にPaKTの秀ちゃんが「久多の会!」に来てくれて、意気投合・・・快く「冬の久多で村・留学をやりましょう!」と言ってくれました。とは云うものの、僕にはバスの運行、カミさんはいきいきセンターの勤めがあり「8泊9日かぁ~~長いな~~出来るかな~~」と、期待半分、不安半分だったのですが・・・PaKTのスタッフたちが我々夫婦をしっかりサポートしてくれたのが心強かったですね。京阪神の複数の大学や各種イベントでの広報活動を活発に行ってくれましたし、
b0226089_22325592.jpg
b0226089_2233159.jpg
とりわけ、参加申し込みを受け付ける際の”エントリーシート”の中で「村・留学に対する熱い思い」を綴ってもらう等・・・ある程度篩にかけてくれたお蔭で”意識の高い”学生さんが来てくれたからこそ、我々受け入れる側もやり易かったと思うのです。PaKTの秀ちゃんが企画立案したこの「村・留学」と云う素晴らしいカリキュラムをもっともっと世に広める為に、我々も一緒になって盛りあがてゆきたいと思っています。若者が学び、地域が潤えるウインウインの関係・・・。もう既に、第2回目の「村・留学in久多」の企画を練り始めていますよ♪笑
ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
                
[PR]
# by kutaokude | 2015-03-10 22:56

私が紹介する久多の暮らしを通して、一人でも多くの方が自然に寄り添った丁寧な暮らしぶりの素晴らしさに気付いて頂けます様に・・・。


by もりんちゅ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30