日本ミツバチが集めた百花蜜。

b0226089_2036929.jpg店頭に並んでいるモノからインターネット通販されているモノも含めて、その殆どが”西洋ミツバチ”を飼育して採取したハチミツです。それとは違って古来から(起源は縄文時代とも云われています)我が国に生息している日本ミツバチが、一年を通して様々な種類の花の蜜で出来ているのが”百花蜜”。もりんちゅのハチミツは、その百花蜜なんです!!
春一番の山桜に始まり、山梨、栃、藤、柴栗、柿、渋柿、うるし、モミジ…etc. 数えきれないほどの野山の花蜜が凝縮されていますから本当に体に良いんです。久多のお年寄りが元気で暮らせているのも、この百花蜜のお陰と言っても過言ではありません。しかしながら、日本ミツバチはとてもデリケートな性質で、飼育するのがとても難しいんです。スズメバチの襲撃やスムシの侵略に耐え忍んだ巣箱だけからしか蜜を採取する事ができません。僕たち人間は、なす術無くただ「ミツバチ~がんばってくれよ~~」と祈るだけ…。
b0226089_21542627.jpg
今年も豊作だったミョウガ…これだけの量は幾らなんでも食べきれないんでご近所にお裾分けしたり、今日イキイキセンターが非番だったカミさんが実家に届けに行ったり…残りの一部は、甘酢漬けにしました。沸騰したお湯で3~5分程茹でた後、熱い内に塩を振りかけ余分な水分と独特なエグ味をとります。何度も塩もみした赤シソの葉と一緒に特製の甘酢に漬けこみました。b0226089_2233459.jpg
ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。

数十年に一度の大雨をもたらした台風18号の爪痕は、想像以上に深く今も尚復旧工事が至る所で行われていますが、あれからウソの様に秋晴れが続き畑の畝もヒビが入る程カラカラに乾いているのを見ると「そろそろ一雨欲しいな~~」なんて思ってしまいます。人間にとって”丁度良い環境”と云うものは存在しないのですね。自然災害もそうだし、自然の恵みもそう…ただそれを受け入れる事しか出来ないのが人間の定めなんですね。

b0226089_2215692.jpg      田舎塾通信♪

◎塾長より参加者の皆さんにお知らせです。
まことに勝手ながら、スクールバスの運行の都合により、
開催日を毎月第2土曜日から第2日曜日に変更させて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程宜しくお願いします。

<年内の開催日と活動内容>

10月13日(日)… サツマイモと落花生の収穫と冬野菜の追肥愛農かまどを使って「蒸かしイモ」を作ろう!
獲れたての落花生は、塩茹でが一番!
           
11月10日(日)… 紅葉狩りに出かけよう!お弁当を持って里山を散策します。
           
12月 8日(日)… 餅つき大会!!お天気が良ければ、屋外にて臼と杵でつきます。つきたてをきな粉や大根おろしで召し上がって頂きます。

※例年、10月の中旬から下旬にかけて新そば粉(北海道産)が入荷します。
今は、いつとはお約束出来ませんが、入荷していればその時点で新そばをご提供します。
又、予てより「寒鯖寿司」を食べさせてほしい!!と言うお声を沢山お聞きしていますが、これも又、新鮮で脂ののった寒鯖が入り次第ご提供しますので、首を長~~くして待ってて下さい。



★参加費用          大人お一人様 ¥3000円(税込み)
                【昼食代、体験料含む】

★持ち物            軍手、タオル、帽子、長靴、着替え、汚れても良い服装


★送迎サービス有り     JR堅田駅発着で送迎します。
                集合時間(午前9時40分)厳守でお願いします。



お一人様の参加歓迎!!   毎月第2日曜日に開催していますが、
                     毎月参加を義務付けるものではありませんので、
                     お気軽にお問い合わせください。
[PR]
by kutaokude | 2013-09-25 21:04

私が紹介する久多の暮らしを通して、一人でも多くの方が自然に寄り添った丁寧な暮らしぶりの素晴らしさに気付いて頂けます様に・・・。


by もりんちゅ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31