民泊は、楽しい!!訪れる方も受け入れる方も…

b0226089_2150524.jpg
本年度2度目の民泊受け入れの日。お隣の道子さんちには、ワンパク坊主が3名、我が家には可愛らしい4人のかぐや姫…。夕方、7名の子供達を連れて散策に出かけました。これは、大川神社の境内にそびえる「久多の大杉」です。推定樹齢320年,幹のまわり約7m,樹高は約40mもあり、京都市の天然記念物に登録されています。小学5年生の男の子3名と女の子4名それにうちのカミさんの計8人が大きく手を広げて幹の周りを囲みました。その後、道子さんの畑を見学したあと、おくで農園にて夕食に使う夏野菜を収穫して食事の準備に掛かります。
b0226089_2275232.jpg
薪で炊いたご飯でおむすびを握り、手作りピザのトッピングでは野菜やチーズをてんこ盛りにしたり、BBQでは、特製ダレが自慢の焼き鳥を焼いたり…皆できゃっきゃ言いながらの楽しい食事会。食後には、スイカ割りや花火のサプライズ♪夜遅くまで子供達の賑やかな声が響き渡っていました。我々夫婦もそうですが、独り暮らしの道子さんだって大喜びだったと思います。 子供の喜ぶ顔が見たいから…何日も前から「どうすれば喜んでもらえるかな?」と打ち合わせして準備して…。
b0226089_2172931.jpgb0226089_2182188.jpg朝6時半、我々夫婦が朝食の準備をしていたら…道子さんちに泊まった男の子3人組の内の一人が突然勝手口から入って来て開口一番「おくでさん!後で薪割りしに来ても良いですか?!」と、目をキラキラ輝かせて訴えてくるんです(笑)。夕食時にかまどで使う薪は自分達で割らせることにしているんですが、大抵どの子も興味本位で「僕も!私も!」とやりたがるんですが、そういつまでも長続きはしません。ピザ生地を広げて具材をトッピングしたり、BBQ用の野菜を切ったり炭をおこしたり…他にもた~くさん楽しい作業があって目移りするもんなんですが、でも、この”シンタロウ”は違った…。食事の支度をしている間飽きもせず、ず~~っと薪を割り続けていました。本当は、もう十分過ぎるほど薪が貯まっていたのですが「もっと割って良いですか?次はどの薪を細かく割れば良いですか?」と訴えてくる迫力に負けてしまったんですよ(笑)。
ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。




b0226089_19465946.jpg
このチラシを見て、「ビビビっ!!」と人生の転機を感じたなら、先ずはご一報ください♪ 
今年一年は、主として短期間(1~3日間)の体験入学を実施します。
来春4月以降からは、長期間(6か月~1年)の研修も出来る様に準備を整えてゆきます。

将来、自然の恩恵を受けながら、時間や規則に縛られず100%自分の意思で暮らしたいと考えている方にお勧めします。

そば打ち職人でもあり猟師でもある僕から、稲作は勿論野菜作り、薪の割り方、山菜やキノコの選別、そして近所付き合いが濃厚な田舎の人間関係の築き方など…「田舎暮らしに必要なノウハウ」を吸収し、自分の力で生き抜く術を学んで欲しいと願っています。
[PR]
by kutaokude | 2014-08-29 22:22

私が紹介する久多の暮らしを通して、一人でも多くの方が自然に寄り添った丁寧な暮らしぶりの素晴らしさに気付いて頂けます様に・・・。


by もりんちゅ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31