猟と云うより、散歩だな(笑)・・・サブローとくう太を連れて。

b0226089_19384497.jpg
「雪が降る!雪が降る!北部は大雪だ~~!!」って、テレビの予報士さん達がみんな言うからですよ~~。
参加者の安全を第一に考えて、今日の田舎塾は中止にさせてもらったのに・・・全然大丈夫やん!!お持ち帰り用の鯖寿司を心待ちにしていた皆さん、本当に申し訳ありませんでした。次回、段取りが整い次第、優先的にアナウンスさせて頂きますのでどうぞお許しを♪  ・・・ってな訳で今日は選挙の投票を終えてから、サブローとくう太を軽トラックの荷台に乗せて人目の付かない某所へ。まだまだ猟をしているなんて恥ずかしくて言えません。笑
獲物(鹿やイノシシ)追い込む面白みを知らない2匹をどうやって教育してゆくか・・・飼い主の手腕が問われます!先日、久多里山協会の駒池さんから「檻に雄鹿がかかってるけど、くう太に噛ましてみる??」と、連絡を頂いたので一応散弾銃を持参してサブローとくう太を連れ指定された場所へ・・・。
b0226089_19573688.jpg
そこには、年齢で言えば1~2歳の雄鹿が2m四方の頑丈な檻の中で右往左往、力の限り柵に体当たりしながら必死で逃げようと試みているではありませんか・・・その姿を、くう太は発見するなり今まで聞いた事の無い興奮した吠え方をして・・・「父さん!早く俺を放してくれ!」と言わんばかりにぐいぐいリードを引っ張ってゆきます。この後の出来事は、チョッと残酷じゃないの?!と解釈されそうなので割愛させてもらいますね。兎に角、生きている鹿に噛みつくチャンスを頂いたくう太は、僕の目から見ても少したくましくなった様に思えましたが・・・。今日は、鹿の足跡や比較的新しい糞の近くで放してみたのですが、獲物を追い込んでくるには至りませんでした。サブローは、まだまだ赤ちゃん・・・いや、人間で言えばようやく幼稚園に入った頃でしょうか、流れの速そうな川に入るにも躊躇してみたり・・・。この子に期待できるのは来年の猟期になりそうですね。
b0226089_2017493.jpg




ブログランキングに参加していますので、皆さんの応援クリックをお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
フェイスブックのアドレスはこちら

自然満喫村「もりんちゅ」ホームページもご覧になって下さい。
[PR]
by kutaokude | 2014-12-14 20:18

私が紹介する久多の暮らしを通して、一人でも多くの方が自然に寄り添った丁寧な暮らしぶりの素晴らしさに気付いて頂けます様に・・・。


by もりんちゅ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31